春の別れ | ヨシミ22歳

Play button Stop button Play button
now loading...
This website can be viewed in web browsers supporting CANVAS

0:00

04:18

17

1

0

Default.105470

Tag

オリジナル バラード ボーカロイド
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

Embed code

歌詞

僕はまた 君のことを思い出して立ち止まる
悲しくて どれほど涙を流したろう

携帯の電池が切れるまで君と話したね
あの頃は全てが幻だったのかな

僕は君に会いたい 遠く離れて生きた時間をこえて
もしも君に会えたなら 何も要らないはずだ

君といた月日が遠い過去へと落ちていくよ
澄んでいたひとみも今は何を見てる

さよならも言えずに すれ違い別れた時間を悔いて
さくらの花が咲くたび 君を想うだろう

仲木戸の駅から 君のいない街を見上げてみる
風が胸に突き刺さり あの日は戻らない

君は大人になり 僕を忘れて生きていたとしても
さくらの花が舞うたび 君を想うだろう

Comment

to comment Login is necessary

This site requires
Adobe Flash Player 11.4 or higher.

Failed to load audio file.