追憶のコミケット(C56) | ヨシミ22歳

Play button Stop button Play button
now loading...
This website can be viewed in web browsers supporting CANVAS

0:00

04:31

22

1

0

Default.105471

Tag

オリジナル バラード ボーカロイド
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

Embed code

歌詞

君とゆく朝の浜松町
会場へ向かうバスを待った
人混みにまぎれて僕らは
三角の屋根の下に集う

今まで知らなかった 新しいこの世界
君は得意げに笑ってたけど
君がいなくなったら僕はひとりぼっちで
中の熱気に黙り込んだ

大崎もだいぶ変わったとか
あの日より便利になったかい?

有明を出た船は日の出桟橋へ行く
カバンの重み 引き返せない
あの日に戻りたくて でも戻れない僕は
好きなジャンルも下火だから

夏の空の下も 冬の空の下でも
君は今もあの場所にいるかい?
祭りが過ぎたあと 残されたカタログに
あの日の夢をそっとはさむ

君のまんがは色褪せない

Comment

to comment Login is necessary

This site requires
Adobe Flash Player 11.4 or higher.

Failed to load audio file.