ブルックナー:交響曲第6番第1楽章コーダ | ファンタスティックおじさん

Play button Stop button Play button
now loading...
This website can be viewed in web browsers supporting CANVAS

0:00

02:42

65

18

1

Default.142975

Tag

オーケストラ クラシック 交響曲 ブルックナー
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

Embed code

Comment

to comment Login is necessary
  • ファンタスティックおじさん

    チャーリーさん、こちらもお聴き下さってありがとうございます!
    フィギュアスケートにも使われる「シェヘラザード」に比べると、こちらの知名度はかなり落ちますが、さすが雑食のチャーリーさん、お聴きになったことがおありとは!
    フォルテの手前で一瞬テンポを遅くしたりして、指揮者の「溜め」みたいなのを再現してみました。ブルックナーは特にそのような表現が大きくモノをいう音楽なので...

    アートワークはチャーリーさんからの影響も大きいです。
    私がクレオに最初に投稿した曲のアートワークはUFOでした...
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • charlie

    charlie 18-04-30 12:12

    この章もどこかで聴いた事があります1:54あたりから特に印象的です。

    サウンドも凝っていますが、アートワークも手が入っていて豪華ですね。
    画像処理もお好きとお見受けいたします(笑)

  • ファンタスティックおじさん

    大橋優子さん、お聴き下さってありがとうございます!
    交響曲っていうと、なんか難しそう、という印象を持たれてしまうのかもしれませんが、他の音楽同様、フィーリングで聴くと別に難しいことはないです。曲名が番号だけで無味乾燥しててとっつきにくいかもしれませんが、聴いてみるとそれぞれに個性があることに気付くと思います。ただブルックナーの交響曲は長大なので、聴いてる途中で退屈してしまうかも。
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • 大橋優子

    大橋優子 18-04-29 23:29

    このような難しい曲を打ち込みで・・驚きです!
    素晴らしいです!

  • ファンタスティックおじさん

    しゅんのあしおとさん、お聴き下さってありがとうございます!
    少し前の「ローマの松」は3管編成+バンダ+オルガンという大編成でffがカオス状態になってしまいましたが、それに比べると今回のブルックナーは2管編成と小規模でしたので、あまり混沌とした感じにはならなくてよかったと思います。ストリングス、特に低弦はリズムを刻む役割があるのでなるべくはっきり聴こえるように、またティンパニは音が小さいと迫力不足になるので、これもちゃんとしっかりと聴こえるようにしました。そのあたり、お気付きいただいてうれしく思います。
    今の時代、ネットで自分の好きな音楽を選んでいくらでも聴けますが、私が中学の頃はレコードを買うか、あるいはNHKのFM放送をカセットに録音するぐらいしかクラシックを聴く方法がありませんでした。で、たまたまその時FMで流れていたブルックナーの4番や7番を録音してそれを繰り返し聴いてたので、まあいえば、放送局の選曲に聴く音楽を左右されてて、自分には選択権がないような状態でしたね。だから特にブルックナーにこだわって聴いていたわけではないのです。
    ブルックナーは打ち込みは今回が初めてですけど、マーラーはずっと昔、1番・6番・9番を部分的に打ち込んだことはあります。マーラーの交響曲は4番を除いてどれも4~5管編成とすごく巨大なので打ち込みも大変でした。データは一応残してるので、いつか復活させようかなと思ってます。
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • more
  • しゅんのあしおと

    しゅんのあしおと 18-04-25 01:14

    荘厳でスケールの大きな曲ですね。フルオーケストラの演奏している姿が目に浮かびます。
    完成に1ヶ月かかったのですか。すごすぎます Σ(・□・;)
    それゆえに楽器間のバランスもとても繊細ですね。特にストリングスやティンパニーの絶妙なバランスが好きです。
    ブルックナーは聴いたことはないのですが(聞いたことはあります)、いいところを切り取ってくださってありがとうございます。おかげでブルックナーの第6番を全部聴いた気分になりました♪

    ちなみに、中学生の頃からブルックナーを聴いているなんて、渋いですね(笑)
    僕はその頃はマーラーとか、短めの有名な曲が入っている「クラシック全集」のカセットテープを聴いてましたよ。

  • ファンタスティックおじさん

    宮越あまねさん、お聴き下さってありがとうございます!
    もうお体の方は大丈夫でしょうか。
    そうですね、おっしゃるとおり「音楽への愛が成せる業」なのかもしれませんね。
    その曲が好きだから自分で作りたくなるんですよね。だから作ってる途中は楽しいのです。でもこれが好きでもなんでもない曲だと、たぶん苦痛でしかなくなるんでしょうね。
    「造詣が深い」というより、私、変わり者なんです。ブルックナーは中学生の頃からよく聴いてました。朝、目覚ましがわりに鳴らしたり。でも私の周囲にはクラシックを聴く人間なんていなくて、友達に聴かせても「これのどこがいいの?」みたいな感じなんで、ひとり孤独に聴いてました。高校を卒業する頃から、クラシック以外にもいい音楽があることに気付き、それから手当たりしだいに聴くようになりました。
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • 鍵本葉月

    鍵本葉月 18-04-24 00:17

    根気強く丁寧に打ち込みされていて音楽への愛が成せる業ですね…!
    ファンタさんは造詣が深くてすごいなぁと思います。

  • ファンタスティックおじさん

    眠りの精さん、お聴き下さってありがとうございます!
    楽器間のバランスや表情付けは打ち込んだ後に調整したりするので、まあそれほど大変でもないのですが、ただ移調楽器を実音に戻す作業は正直、面倒ですね。例えばB♭クラリネットは長2度高く記譜されてるので、その分低く入力するのですが、それがめんどくさいです。この6番はイ長調なのでAクラが使われていて、短3度下げて打ち込みました。
    「スコアーが無いオリジナルのオーケストラ」とおっしゃると、それは私のオリジナル作品ということですよね?私のような素人が作っても所詮、真似事のようなものしかできないと思いますが...そうおっしゃられるなら...が、がんばってみます(;^_^A
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • ファンタスティックおじさん

    kei kingさん、お聴き下さってありがとうございます!
    いやあ、忍耐力なんてぜんぜんないですよ~、作りかけて放置したままの曲が大量にありますから(;^_^A
    私なんかよりkei kingさんの方がdominoだけで作曲からアレンジまでされていてすごいなあと思います。
    オーケストラ作品はパート数が多くて、打ち込みはたしかに面倒といえば面倒なんですが、好きな曲なのでぜんぜん苦痛には感じず、むしろ楽しいです。
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • 眠りの精

    眠りの精 18-04-21 21:53

    みなさん仰ってられるようにどうでもいいやみたいな感じで作るならともかく一つ一つの音を大切にしながら(もちろん他の楽器との兼ね合いも考えながら)打ちこんでいくとなると大変な作業だったろうなと思います。
    こうなればスコアーが無いオリジナルのオーケストラも聴いてみたいですね。
    「労力がさらに倍以上になっちゃうからいやだ」なんて言わないでよろしくお願い致します。

  • kei king

    kei king 18-04-21 20:30

    オーケストラサウンドの迫力が際立ってますねっ(^_-)-☆
    2分半ほどを作るのに1ヶ月・・この壮大な楽曲なら
    それくらいは掛かってしまうでしょうねっ^^
    自分なら途中で投げ出してしまうかもですっ(^_^;)
    ファンタさんの忍耐力には脱帽ですっヽ(^。^)ノ

  • ファンタスティックおじさん

    細田さらさん、早速お聴き下さり、ありがとうございます!
    そうですね、この2分半ほどを作るのに1ヶ月かかったんですが、このシンフォニー6番は全曲通すと演奏に約1時間かかるので、全曲の打ち込みを完成させようと思うと、単純計算すると24ヶ月かかることになりますね。たぶん疲れて途中で投げ出す気がします\(^O^)/
    ただ作曲するのに比べると、作業中心で頭を使わないので楽です。
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • ファンタスティックおじさん

    岡野ゆかりさん、早速お聴き下さり、ありがとうございます!
    まさに「荘厳」な教会のオルガンを思わせるような響きがブルックナーの特長だと思います。なるべく本物っぽくなるようにテンポや強弱に気を配りましたので、そのようにお褒めいただけて大変うれしく思います。アートワークもお褒めいただきありがとうございます。
    クラリネットやホルンなど、オーケストラには実音と記音が異なる移調楽器が多いので、打ち込みにはそのあたりの知識は多少は必要かもしれませんが...
    コメント、ありがとうございました(^^)

  • 細田さら

    細田さら 18-04-21 10:21

    すごい、手間暇と、時間がかかったんでしょうね。
    尊敬します。

  • 岡野ゆかり

    岡野ゆかり 18-04-21 06:16

    荘厳で本物という感じです。さすがですよね。完成度すごいです。
    ブルックナーは名前しかほとんど知らないけどこんなのがかけたらいいなあと思います。楽器の編成とかよく勉強されているんでしょうね。アートワークも見事です(*゚▽゚*)

This site requires
Adobe Flash Player 11.4 or higher.

Failed to load audio file.