森の道へ | mi-ya

Play button Stop button Play button
now loading...
This website can be viewed in web browsers supporting CANVAS

0:00

02:31

265

14

3

Default.24130

Tag

インスト その他 お題:333
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

Embed code

Comment

to comment Login is necessary
  • mi-ya

    mi-ya 14-08-22 13:08

    わぁ?( ´ ▽ ` )ノ❤ありがとう聴いてくれて!でも、はずかしいかも?
    もともと、劇のイメージソングとしてつくったものでした。
    コメント嬉しかったです。゚.+:。(´∀`)゚.+:。ありがとう!

  • Jive Strings

    Jive Strings 14-08-22 12:09

    これがデビューソングですか!1年ですね。
    まだおさげ髪で、ほっぺが真っ赤で・・・?違いますよね~!

    なるほど、森の奥からクマが出てきそうです

  • 徳洲やちゃ坊

    徳洲やちゃ坊 13-11-22 23:15

    mi-yaさん、私の曲作りに関して言えば、大まかな曲想が浮かんだ時、もしくはある程度の方向性を手掛かりにして、先ずは鍵盤と五線紙を併用して和声進行を決めます。この時主旋律先行で和声を誘導したり、あるいは和声からメロディーを探り出す方法を主に採っています。この時、音色やリズム・音形も同時進行で進んでいきます。つまり、目(鍵盤・譜面)と耳(音を鳴らす)で確認しながらも、勢いと流れで曲を形作る感じでしょうか。 
    コードネームを付けて和声進行を考えることもありますが、あくまでガイドでしかありません。
    とはいえ、これといったやり方があるわけではないので、曲によって制作の方法や考え方はその都度変わります。
    ただ、譜面は手書きで、縦の線はきっちり揃えます。

  • mi-ya

    mi-ya 13-11-21 23:10

    徳州やちゃ坊さま お星コメントありがとうございました。
    コード褒められるとすごく嬉しいです。O(≧▽≦)O
    作っていく行程で、次のコードが自然に浮かんでくる曲づくりができる時と、決まったパターンになってしまう時があります。
    ギターで作るとパターン化しやすくなって、ピアノだと自分でも驚くコードに偶然指が飛んでいることが多いです。
    徳州やちゃ坊さんはどんな風に曲づくりされるのでしょう?
    mi-ya

  • 徳洲やちゃ坊

    徳洲やちゃ坊 13-11-17 21:21

    ある種のノスタルジーを感じて心に沁みます。和音進行もグッときました。

  • more
  • mi-ya

    mi-ya 13-09-02 01:50

    MU2000さんが受け取って下さったイメージの世界は、私のイメージと
    とても近いものがあります。音楽を通じて、何かがつながる事って、
    とても幸せな事ですね。素敵なインスピレーションを感じて頂き、
    私も新たなヒントを頂きました。

  • MU2000

    MU2000 13-09-01 06:14

    勝手な解釈ですみません。秋から冬に向かう北海道の大雪山を
    イメージしました。萌える様なカラフルな紅葉が風の唸る白の世界へ変貌する自然の営みを描写されたように感じました。
    受け止め方に違いは有ると思いますが、良い作品に
    出会えたと思います!!
    お邪魔致しました!!

  • NOTE

    NOTE 13-08-25 02:33

    3曲聴かせていただきました。
    通して聴くと独特な音世界を持った人だなと感じました。

  • kapibara

    kapibara 13-08-24 13:58

    はじめまして。まるで、映画のエンディングに流れてきそうな素敵な曲ですね。

This site requires
Adobe Flash Player 11.4 or higher.

Failed to load audio file.