竹取物語(仮) | koyuki

Play button Stop button Play button
now loading...
This website can be viewed in web browsers supporting CANVAS

0:00

03:47

214

12

1

Default.def artwork

Tag

ロック POP 初音ミク ボーカロイド アニメ
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

Embed code

歌詞

作詞・作曲 koyuki

甲乙つけがたい
異国の地から参られた
おつむの弱い貴公達
宮仕えなんていとう 厭う

どうせなら無理難題を(ハハッ)
小細工なんてしたらどうなるか
めって笑顔で島流し
なんてね、そんなこと
するわけあるかもね

ずが高いぞ
崇めろ、甲斐性なし
私を誰と思っている
金ならある、名誉はいらない
だってわたしは罪人

ずが高いぞ
崇めろ、甲斐性なし
献上物は手に入ったか
昼夜問わず
言いよるやつらはみんな馬鹿ばっか
だってわたしは罪人

軽忽な来客
畏れ多いとも思わない
高貴な独善 ○○帝
取りなし断ったでしょ

どうせ下らぬ、その心算 (ククッ)
宮女になれと引かず言うのなら
ふっと姿を影と化す 
なんてね
そんなことするわけあるかもね

ずが高いぞ
崇めろ、甲斐性なし
私を誰と思っている
この国の貴公など
考慮の余地すらない話し

ずが高いぞ
崇めろ、甲斐性なし
私一人守れるものか
貴賎問わず
言いよるやつらはみんな馬鹿ばっか
だってわたしは罪人

15の夜に帰らなければ
寂しくて涙がでちゃう
なんてっ

まさに天に昇る想い(ふふっ)
何千の兵を派遣したとて
一瞬で皆、返り討ち
なんてね、そんなこと
するわけあるかもね

舞い降りる雲
まばゆい光を放ち
月の使えが
私を迎えに

ずが高いぞ
崇めろ、ひれ伏せろ
私は天上人なるぞ
時はきた、子の刻
天変地異
罪深き日は過ぎた

待ち侘びた
待ち侘びていた今宵
天に昇って行くのだから
何度月を仰ぎ泣いたことか
僅かな時間とて
おりたくはない

帰る前に
本当は言いたくないけど
いや、でも、なんて言うか
気のせいかもしれないし

だけど最後だから
言うべきか悩んだけど
おじいさん
宮女の女と浮気しているわ(ふふ)
やっぱ言わない方がよかったかな
私は罪人

Comment

to comment Login is necessary

This site requires
Adobe Flash Player 11.4 or higher.

Failed to load audio file.